現場だより

社内釣り大会「松釣会」開催

 

今回担当の辻です。来月宮古市内の工事現場が2箇所完成する為、社員の移動前に急きょ釣り大会を開催。「松釣会」を行いました。開催日は、平成29年8月26日(土)で対象エリアは、宮古湾内。実釣時間が19時から21時30分までです。対象魚は特に指定せず、ルアーで釣れれば何でもOKにしました。最長サイズと最短サイズを競います。

案内

 

 

集合場所でルールの説明と注意事項を伝え、出発順番のアミダくじを行い、1番スタートは、菰方(コモカタ)→東島→平尾→淵上→高田→秋→美山→辻でスタート。先日の豪雨の影響で閉伊川の濁りが広がり、カフェオレ色となっている宮古湾。水の透明度、地形変化、エサとなる小魚等日頃の観察眼、経験等が試されますが、当日に「モッテいるか」どうかも大事ですね。

 

私のプランは、集合場所から一番離れている白浜漁港からスタートし、状況みながら時計回りに戻って来ながらの「ランアンドガン」スタイル。現場のコンディションが悪い場合、魚の方もエサを食べたいけど見つけれない、動きたくない、壁(底)じゃないと泳げない等様々。だったら1箇所に粘らず、自分に釣れる魚を移動時間考えながら拾っていく方が効率的かなって事で実釣しました。予想通り、いつもより当りは少なく針かかりも悪い為、ミスが続きました。「ワンバイト、ワンフィッシュ」がこう言う大会の時大事です。意外に釣ってたのは嫁さんでした。「濁ったら強波動」と言いきって、グラブ系を使って楽しんでました。ゲスト参加のヘッドギア:遠藤さん。遅れて参加でしたが、短い時間でも現場にマッチさせ、結果を残されました。流石です。

 

今回も携帯アプリ「LINE」で情報交換、プレッシャーの掛け合いの写真アップ等しながら、あっという間のタイムアップ。気になる結果は、

結果

 

最長サイズの29.1㎝をゲットした平尾さん。前日の練習で魚を見つてたのかな、おめでとうございます。

最長

 

 

最短サイズは、16.0㎝のメバル。すいません、自分がいただきました。狙った魚では無くたまたまです。ある意味「モッテいた」のだと思います。

最短

 

 

ゲスト様からの特別賞で、ヘッドライト2個提供いただき、紅一点の嫁さんと、魚と出会えなかった3名(淵上、秋、菰方)でじゃんけんし、負けた菰方さんがこの日「モッテなかった」という事で受賞となりました。最後に記念撮影。

集合写真

 

 

コンディションの悪い中で、開催決定から3日後の開催となった今回。難しい中でも魚と出会えた皆さん、おめでとうございました。惜しくも出会えなかった皆さんは、めげずに現場に出て、色んなワームを購入し地元の釣り具屋さんに貢献しましょう。(笑) 私は釣り具屋さんに十分貢献しました。魚釣りは自然が相手なので難しいですが、現場の状況を観察し、相手(魚)の習性を理解すれば答えは返ってきますので、もうすぐ宮古を離れる人も、引き続き残って仕事する人も自己記録更新に向けて頑張りましょう。次の幹事は、一番若い東島でお願いします。

 

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中